ハンドラベラーとラベルプリンタの激安・即日配送 サトー正規店【ハンドラベラー 格安ショップ】

  • ハンドラベラー
  • プリンタ
  • その他
会員登録/修正
  • お薬手帳用ラベル 医療用ラベル 感熱ロールラベル
  • レスプリ CL PDラベル 物流ラベル sato バーコードプリンタ 8000円〜
  • バーラベ ラベルシール sato(サトー)純正品
  • 初回から5%OFFの定期お届け便

カテゴリーから探す

メルマガ登録
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ハンドラベラーでPOP印字 販促文字 大きな文字だからこれ一台でOK!通常価格 販促用語 セール価格
[BOARDLIST_5_260_/images/250/leftdot.gif]
 

2023年 遺伝子組換え表示が変更されます。

遺伝子組換え表示が変更されます。

加工食品の遺伝子組換え表示制度に【義務表示】と【任意表示】があります。
任意表示が2023年4月1日から新しい制度に施行されます。
※義務表示は現行制度からの変更はありません。





「遺伝子組換え表示制度」とは

遺伝子組換え農作物は、品種ごとに、 /品としての安全性は「食品安全基本法」及び「食品衛生法」 我が国の野生動植物への影響は「カルタヘナ法」 に基づいて、科学的に評価し、安全性が確認されたものだけが輸入、流通、生産される仕組みとなっています。安全性が確認された遺伝子組換え農産物とその加工食品について、食品表示基準に基づき、表示ルールが定められています。この表示ルールが「遺伝子組換え表示制度」です。

※「東京福祉保健局」より抜粋
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/hyouji/shokuhyouhou_idennshi.html


遺伝子組換え表示の「義務表示」とは

遺伝子組換え表示の「義務表示」とは

従来のものと組成、栄養価等が同等である遺伝子組換え農産物及びこれを原材料とする加工食品であって、加工工程後も組み換えられたDNA又はこれによって生じたたんぱく質が、広く認められた最新の検出技術によってその検出が可能とされているものについては、「遺伝子組換えである」旨又は「遺伝子組換え不分別である」旨の表示が義務付けられています。
※遺伝子組換えDNAを人が摂取する可能性がある場合【義務表示】が必要。


義務表示 原材料名(表示)
遺伝子組換え農産物使用の場合 大豆(遺伝子組換え)
遺伝子組換え農産物とそうでない 農産物を分別していない場合 大豆(遺伝子組換え不分別)

遺伝子組換え表示の「任意表示」とは

遺伝子組換え表示の「任意表示」とは

分別生産流通管理が行われている非遺伝子組換え農産物を用いて 食品を製造している場合。ただし、5%以下まで意図せざる混入が認められています。 ※但し、「大豆/とうもろこし」に限る


今回、「任意表示」の変更点

今回、「任意表示」の変更点

分別生産流通管理が行われいて、遺伝子組換えの混入がない(不検出)と 認めれる農産物を用いた食品の場合。

【遺伝子組換えでない、非遺伝子組換え】
などの表示が可能

【分別生産流通管理済み、混入を防ぐため分別管理をしている】
などの新たな任意表示を認めます。


「任意表示」の対象商品は?

「任意表示」の対象商品は?



対象の農産物 対象の加工食品
大豆(枝豆・大豆・もやしを含む) 豆腐、油揚げ類、凍り豆腐、おから及びゆば、納豆、豆乳類、みそ、大豆煮豆、大豆缶詰及び大豆瓶詰、きなこ、大豆いり豆、上記食品を主な原材料とするもの、調理用の大豆を主な原材料とするもの、大豆粉を主な原材料とするもの、大豆たんぱくを主な原材料とするもの、枝豆を主な原材料とするもの、大豆もやしを主な原材料とするもの
とうもろこし コーンスナック菓子、コーンスターチ、ポップコーン、冷凍とうもろこし、とうもろこし缶詰及びとうもろこし瓶詰、コーンフラワーを主な原材料とするもの、コーングリッツを主な原材料とするもの(コーンフレークを除く)、調理用のとうもろこしを主な原材料とするもの、上記食品を主な原材料とするもの

新たな任意表示は施行前でも表示が可能です。

消費者へ正しい商品の購入選択ができるように、施行前までにおこなうよう推奨されています。 施行前でも表示は可能です。表示の早めの切り替えにご協力お願いいたします。

※詳しくは「消費者庁」が公開している資料をご参考ください。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/quality/genetically_modified/

ページトップへ